【月下美人】花言葉は「ただ1度会いたくて」

f:id:keiko-blog:20181120093037j:plain

おはようございます。HANAです。

月下美人の花が今年もきれいな姿を披露してくれました。

茎の節に蕾を付けてうつむきがちに成長し、次第に首をもたげ、花開く日の夕方からは蕾が大きく膨らみ、重なり合った薄い花びらを少しづつ広げます。

ジャスミンのような甘く優雅な香りを漂わせながら、2時間ほどかけて誇らしげに開花した姿です。

月下美人花言葉は「ただ1度会いたくて」

f:id:keiko-blog:20181120093006j:plain
直径20~25㎝ほどの花びらを広げ、英名「夜の女王」と言われる、妖艶で魅力的な月下美人も翌朝には、あぁ~なんと悲しいお姿…。

「美人薄命」の語源になった理由が納得できます。

成長記録

11月5日

f:id:keiko-blog:20181120093107j:plain
f:id:keiko-blog:20181120093104j:plain

メキシコ熱帯雨林が原産地のサボテン科の常緑多肉植物。わかめのような形状の肉厚の葉から蕾が伸びてきました。

11月12日

f:id:keiko-blog:20181120093131j:plain
f:id:keiko-blog:20181120093128j:plain

1週間後、茎も大分伸びて、少しカーブしてきました。

11月19日

f:id:keiko-blog:20181120093013j:plain
f:id:keiko-blog:20181120093016j:plain
f:id:keiko-blog:20181120093009j:plain
f:id:keiko-blog:20181120093021j:plain

夕方6時頃から蕾が少しずつ膨らみ始めました。

f:id:keiko-blog:20181120093024j:plain
f:id:keiko-blog:20181120093027j:plain

電気をつけて取ったものと特殊?撮影したものとは雰囲気がまるで違います。

この技法を教えて下さったのは素敵なお写真で多くの方を楽しませてくださっている、(id:isourounomitu)居候の光さんです。

f:id:keiko-blog:20181120093034j:plain

f:id:keiko-blog:20181120093037j:plain
立派なカメラも技術もない未熟者ですが、家族の協力と光さんのアドバイスのお陰で何とか妖艶な美人さんを撮ることが出来ました。

光さん、ありがとうございます。

花言葉

華やかでかぐわしい香りを放ち女性らしい雰囲気から「あでやかな美人」又、花の寿命が短いので「はかない恋」「はかない美」。 一夜限りであることから「ただ1度会いたくて」等、はかなさとロマンチックな花言葉は彼女にピッタリです。

花を長く楽しむには?

せっかくの美しい花を一夜限りにしてしまうのは忍びない、と思うのなら、満開時に花の付け根から取り、焼酎に漬け込めば何年も花酒として楽しむ事が出来るそうです。

まとめ

温度管理・肥料・日光が適切でないと花を咲かせない月下美人

上手な方はいくつもの花を咲かせるようですが、私はまだ1年に一輪の花を咲かせるのがやっと。

数年後には沢山の美人さんの華やかな競演を目指したいと思っています。

✨本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました✨