~きれいな話し方・心に響く言葉~

f:id:keiko-blog:20170919151745j:plain

きれいな言葉遣いで話す人、ふんわりとやさしい話し方をする人に会うと、きっとこの人はポジティブで、日々の暮らし方も丁寧なのだろう、と思います。

話し方、言葉遣いはその人を表します。

特別丁寧に、取って付けた様な言葉遣いは不自然ですし、必要ないと思いますが、ゆったりと、丁寧できれいな話し方は、好印象を与え常識のある人として認識されます。

思った事を、素直に、きれいな言葉で、きちんと、表現出来て、なおかつ心に響く事として伝える事が出来たら、どんなに素晴らしいでしょう。

丁寧できれいな話し方はどうしたら会得出来るのでしょうか。

 

★例えば、この人の話し方はきれいで心地良いなと感じたら、その人の言葉遣いや話し方を真似てみます。

きれいな言葉を使う人、話し方に好感の持てる人は気遣いも出来る人です。

相手に思いやりを持ち、言葉を発する。

そうする事で乱暴な話し方、品のない言葉はなくなります。

 

★読書・映画・音楽から学ぶ事も沢山あります。

奥ゆかしい、美しい日本語が散りばめられた作品は沢山あります。

きれいな言葉を、沢山見たり、聞いたりすることで語彙力が高まり、それを実際に使ってみる事で自分のものとなっていきます。

三島由紀夫泉鏡花川端康成高村光太郎、あげればきりがありませんが、表現力の美しさ、語彙力を学べます。

映画でも音楽でも、素敵なセリフ、胸を打つ歌詞は沢山あります。

世界に一つだけの花

・それが大事(大事マンブラザーズバンド)

・風になりたい(THE BOOM)

川の流れのように(美空ひばり)

・マイフレンド(ZARD)

家族になろうよ(福山雅治)

あなたの好きな歌は何でしょう?心に響く歌詞はどんな言葉ですか?

言葉に興味を持ち、心に響く言葉をどういう時にどの様に使うのか、適切に使う事で語彙力は高まり表現も豊かになります。

 

★ブログを通じて学ぶ。

さまざまな年代のさまざまな職種の方と接することで表現力の豊富さ、人を引き付ける言葉遣い、心地よい話し方(文章の構成)を学べます。

 

f:id:keiko-blog:20170919161609j:plain

余裕がなかったり、イライラしたり、かっとなると、思わず乱暴な言葉が口をついて出がちです。そんな時でも、ひと呼吸おいて気持ちを静めてから、言葉を発する様に心がける事は大切です。

 

・ゆっくり

・落ち着いて

・ネガティブな言葉は使わず

・きれいな言葉で

とても難しい事ですが、心がけるとワンランク上の自分が見えてきます。

さらに、丁寧語、尊敬語、謙譲語を上手に使い分けて、コミュニケーションが出来れば社会人として常識のある人、教養のある人として一目置かれる様になります。

 

乱暴でネガティブな言葉は相手を傷つけ、その後の人生に大きな影響を与えてしまう事もあります。

勇気づける言葉、元気の出る言葉、思いやりの言葉、温かくなる言葉でコミュニケーションを取って、一人でも多くの人が笑顔でハッピーに過ごせるといいですね。

 

✨今日も最後までお読み頂きありがとうございました✨