お薦めの豆腐料理【梅の花】の季節限定ランチ「夏美人」

f:id:keiko-blog:20180730153137j:plain

今年1月、大雪の日に「冬美人」を頂いたお豆腐料理の梅の花。今回は37度という猛暑の中、季節限定「夏美人」を堪能してきました。

お薦めの豆腐料理【梅の花】の季節限定ランチ「夏美人」

前回伺ったのは小田急線の新百合ヶ丘店、今回は友人のお嬢さんがお仕事をされている町田店へ。

公式サイト>> 梅の花

f:id:keiko-blog:20180730153140j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153150j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153144j:plain

緑に囲まれ、落ち着いた日本庭園風の小道を進むと可愛いお地蔵様が迎えてくれるお玄関へ。

季節限定ランチ「夏美人」

f:id:keiko-blog:20180730153206j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153153j:plain

案内されたのは大きなガラス窓からお庭が見え、お座敷に掘りごたつで足が伸ばせるゆったりとしたお部屋。

今回も「ふく福豆腐」が頂ける、全9品デザート付きのコースです。

f:id:keiko-blog:20180730153200j:plain

冬瓜ともずくの含め煮・ローストビーフ

f:id:keiko-blog:20180730153213j:plain

冬瓜は上品なお出汁で煮含められ、モズクと共に頂きます。湯葉がさりげなく添えられていました。

ローストビーフは柔らかくコンソメ風のジュレソースで涼やか。

茶碗蒸し

f:id:keiko-blog:20180730153225j:plain

ふわふわ、とろとろでプリンのようななめらかさ。

銀杏、エビ、レンコン、小ぶりながら味わい深い椎茸、海苔、三つ葉、柚子と具沢山です。

とうふしゅうまい

f:id:keiko-blog:20180730153222j:plain
絞り豆腐にたまねぎ、海老、九州産の銘柄鶏のミンチを加え、肉だねを細目に切ったシュウマイの皮でふんわりと包んだ繊細な一品。

ふく福豆腐 山椒香る麻婆あん
f:id:keiko-blog:20180730153230j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153233j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153236j:plain

茶碗蒸しを頂く時に点火。プルプルに出来上がった自慢のお豆腐。
季節によってあんが変わり、今回は夏野菜のなすとひき肉が薄味の麻婆あんとマッチして、出来立てのとろりとしたふく福豆腐を引き立てます。

白髪ねぎとぴりりとアクセントになる山椒をトッピングして頂きます。

生麩田楽 湯葉揚げ
f:id:keiko-blog:20180730153250j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153247j:plain

手前があわふにゆず味噌、奥がすぎなに木の芽味噌。

もっちりとした食感にそれぞれのお味噌がマッチしてなんとも言えない美味しさ。

そして新鮮な魚のすり身を湯葉で包み、からりと揚げた湯葉揚げ。

さわやかなレモンをキュッと絞り、しし唐と共に頂きます。

ぶどうと夏野菜の土佐酢ジュレ

f:id:keiko-blog:20180730153307j:plain

涼し気なガラスの器に赤紫が鮮やかなレッドグローブ・夏野菜のレンコンの酢漬け・セロリ・ヤングコーン・グレープフルーツ・ミニトマトがバランスよく盛り付けられています。

シャキシャキ♪コリコリの食感に土佐酢ジュレのさわやかな酸味とぶどうのマイルドな甘さ、グレープフルーツのほろ苦さのハーモニーがなんとも夏らしい「夏美人」のメニューにふさわしい大満足な一品。

ちりめんじゃこと生姜の炊き込みご飯
f:id:keiko-blog:20180730153317j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153310j:plain

結構お腹も満たされていたのに生姜のさわやかさとじゃこの風味が食欲をそそり、一粒も残さず完食。

湯葉吸物 香の物
f:id:keiko-blog:20180730153314j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153320j:plain

上品なお出汁に湯葉の口当たりと三つ葉の香りが嬉しいお吸い物とピリ辛高菜?とおかかとごまで和えたキャベツの香の物。

本日のデザート 

f:id:keiko-blog:20180730153336j:plain

ん?杏仁豆腐?って思って一口食べてみると食感がお豆腐。

f:id:keiko-blog:20180730153330j:plain
f:id:keiko-blog:20180730153346j:plain

お茶の準備をして下さっていたスタッフの方に伺いました。

牛乳と生クリームとくず粉で作ったプリンのようなお豆腐で、梅の花でも人気のある嶺岡豆腐という一品。

キイウイの甘酸っぱいソースがほんのり甘いお豆腐に良く合って、真っ赤なクコの実が差し色できれいです。

スタッフの方が淹れて下さった、鉄?の急須の薫り高いほうじ茶をゆっくり頂いて今回も大満足のランチでした。

まとめ
  • 季節を感じられ、繊細で丁寧なお料理は目でも舌でも楽しめます。
  • レベルの高い接客にも好感が持てました。
  • 春夏秋冬、季節ごとにメニューが少しずつ変化し、旬の食材でお料理が楽しめるので、次回は是非「秋美人」を頂きに来たいと思います。

今回、静かな落ち着いた個室でゆったりとしたお食事が出来たのも友人のお嬢さんの計らいがあったから。感謝です。

✨本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました✨