新生姜の甘酢漬けと赤紫蘇ジュースの作り方

f:id:keiko-blog:20180627130527j:plain

いらっしゃいませ。

居酒屋HANAへようこそ。

関東は梅雨が明けたかのような蒸し暑い日が続いています。

f:id:keiko-blog:20180627130707j:plain
f:id:keiko-blog:20180627130820j:plain

まだ6月だというのに早くもノーゼンカズラが満開、ガクアジサイは頑張って咲いている、って感じです。

ちょっと身体がだるい~って方の為に元気が出る赤しそジュースと、しょうが好きにはたまらない新生姜の甘酢漬けを作りましたので召し上がって行って下さいね。

 新生姜の甘酢漬けの作り方

f:id:keiko-blog:20180627130457j:plain
f:id:keiko-blog:20180627130609j:plain
f:id:keiko-blog:20180627130857j:plain
下ごしらえ
  • コロンとひと固まりになるように切り分ける。
  • 皮が茶色い部分は包丁でこそげ落とす。
  • 赤い部分は出来上がりをピンク色にする為に固い部分だけ切り少し残す。
  • 繊維に沿って出来るだけ薄くスライスする。
f:id:keiko-blog:20180627130937j:plain
f:id:keiko-blog:20180627130957j:plain
生姜を茹でる
  • お湯を沸かし1~2分茹でる。
  • 茹で上がったらざるに広げ、塩を振り冷ます。
f:id:keiko-blog:20180627131011j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131037j:plain
漬け汁の材料と漬け方(生姜300グラムの場合)
  • 水180m
  • 昆布茶小さじ1
  • 砂糖大さじ5
  • 酢120ml
  • 塩小さじ1
  1. 全ての材料を鍋に入れ砂糖が溶けるまで混ぜ合わせ、冷ます。
  2. 生姜はしっかり水分を切り、漬け汁が覚めたら合わせる。
保存方法
  • 煮沸した保存容器に移し、漬け汁もひたひたに注ぐ。
  • 2~3時間たてば漬かり、冷蔵庫で1ヶ月間保存可能。
f:id:keiko-blog:20180627161306j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131052j:plain

お寿司屋さんもびっくりの美味しい【がり】の完成!

赤紫蘇ジュースの作り方

f:id:keiko-blog:20180627131227j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131247j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131351j:plain
下ごしらえ
  • 茎から葉の部分のみを摘み取り重さをはかる。
  • 水で良く洗い、ざるに上げて水気を切っておく。
f:id:keiko-blog:20180627131418j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131447j:plain

赤紫蘇を煮出す
  • ステンレスの鍋に2リットルの水を沸騰させ葉を入れる。
  • 青紫蘇の葉を数枚入れると香りが良くなる。
  • 5分ほど煮出しざるに上げ、木べらなどで絞る。
f:id:keiko-blog:20180627131327j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131507j:plain
調味
  • ボウルのジュースを再び鍋に移す。
  • 砂糖400グラムを加え溶けるまで混ぜ合わせる。
  • 酢25㏄を加え、冷ませば完成。

毎年思うのだけれどすご~くきれいな色に仕上がるんです♪

f:id:keiko-blog:20180627131528j:plain
f:id:keiko-blog:20180627131618j:plain

保存方法
  • 2リットルのペットボトル容器をきれいに洗い、さらに酢少々で殺菌したら漏斗を使って移す。
  • 冷蔵庫で1年間保存可能。あっと言う間に飲んじゃうけれど(笑)

f:id:keiko-blog:20180627131631j:plain

美味しい頂き方
  • 炭酸で割る。
  • シャーベットにする。
  • ゼリーにする。

そうそう、赤しそジュースは疲労回復・眼精疲労・アレルギー体質の改善にも役立つほか、二日酔いにも効果があるんですって。

飲み過ぎた翌朝に1杯飲めばたちまちスッキリですね。

✨本日もご来店頂き、まことにありがとうございました✨