簡単!【ツナ缶で炊き込みご飯】炊飯器にお任せレシピ

2018年8月12日追記

f:id:keiko-blog:20180604125210j:plain

いらっしゃいませ。

居酒屋HANAへようこそ。

本日はお酒の後のちょこっとご飯や、手をかけたくない時に手軽に出来る炊飯器にお任せのずぼらご飯のご紹介です。

簡単!【ツナ缶で炊き込みご飯】炊飯器にお任せレシピ

 夏休みのお子さんとのランチにもピッタリの、まな板も包丁も火も使わずに間違いのない美味しさの炊き込みご飯があっという間に出来ちゃいますよ。

 ツナとコーンのカレー味炊き込みご飯レシピ

材料

f:id:keiko-blog:20180604125010j:plain

    • お米2合
    • ツナ缶1缶
    • コンソメ1個
    • コーン適量(缶詰・冷凍OK)
    • カレーパウダー大さじ2
    • バター10グラム
    • ガーリックパウダー適量

作り方

ツナと材料を入れる

f:id:keiko-blog:20180604125045j:plain

研いだお米にバター以外の材料を全て炊飯器に入れる。

※炊き込みご飯は具材を混ぜ込んでしまうとお米の対流が悪くなり炊き上がりにムラが出るので、具材はお米の上に乗せる感じ。

水加減は2合のメモリに合わせるスイッチON♪

炊いている間もカレーの良い香りが漂って食欲をそそります。

f:id:keiko-blog:20180604125116j:plain

炊き上がったら10分ほど蒸らし、軽く混ぜたらバターを乗せる
f:id:keiko-blog:20180604125150j:plain
f:id:keiko-blog:20180604130020j:plain
パセリやバジル、パンチを効かせるなら粗びきコショーを

お弁当やおむすびにも最適。

バターの香りが効いてこれは大人も子供も間違いなく大好きな味!

そして同じくツナを使った炊き込みご飯、第2弾がこちら↓

ツナときのこの炊き込みご飯レシピ

こちらはきのこのうまみがしっかり感じられる、ちょっと大人テイストのあっさり和風味の炊き込みご飯。

それこそ〆の1品にふさわしい。

材料
f:id:keiko-blog:20180604125238j:plain
f:id:keiko-blog:20180604125256j:plain
      • お米2合
      • ツナ缶1缶
      • きのこ類適量
      • 茶豆または枝豆(冷凍のものでOK)適量
      • 生姜・にんにく、ひとかけらをみじん切り
f:id:keiko-blog:20180604125339j:plain
f:id:keiko-blog:20180604125406j:plain
作り方

①全て炊飯器に入れ、白だし大さじ2+水加減を2合より少し少な目にしてスイッチON。

※水加減少な目の理由はきのこから水分が出るから。

f:id:keiko-blog:20180604125427j:plain
f:id:keiko-blog:20180604125511j:plain

まとめ

      • どちらも火を使わず簡単に出来るので忙しい日や疲れた日にもってこいのメニュー。
      • ツナとコーンとカレーにバターときたら黄金の組み合わせ✨失敗するわけがありません(笑)
      • ツナ缶もコーン缶も日持ちがするので保存しておくと便利。
      • きのこはお買い得の時に購入し、数種類をカットして冷凍保存しておくと経済的&使いたい時にそのまま使えて一石二鳥。

普段のちょっとした準備がずぼらご飯の時に役立ちます(笑)

さぁ、お客様!本日の〆はどちらになさいますか?

✨本日もご来店ありがとうございました✨