『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』を読んだ感想

f:id:keiko-blog:20180320153924j:plain

こんにちは♪美味しい物大好きHANAです。

唐突ですがあなたにとって本当に大切な事ってなんですか?

めまぐるしく変化していく時代の中で、仕事や人間関係を通じて、自分はどう生きて行きたいのかを考えさせてくれる本に出会えたのでご紹介します。

マンガでよくわかるエッセンシャル思考

グレッグ・マキューン著。

原書はもちろん英語で書かれている厚み3㎝ほどの自己啓発書。それを高橋璃子さんが読みやすく解りやすく翻訳。おまけに実際あるある的な具体例を漫画にしてくれているので一気に読破できます。

エッセンシャル(essential)って?オイル?シャンプー?ではなくて・・

英語で本質的・根本的・必須の意味。

エッセンシャル思考と反エッセンシャル思考を対比させながら話が進んで行くのでとても読みやすく、わかりやすかったです。

エッセンシャル思考とは?

「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」の思い込みを捨て少数の本質的な事だけを選び取る、という事。

「99%の無駄を捨て1%に集中する」

時間は有限だから無駄なものは切り捨てて、ってわかるけれど選択眼を養って情報収集しないと集中する事を決定出来ない。

「やらなくては」ではなく「やると決める」

 耳が痛~い。後回しになっている事いっぱいあるし・・(笑)

「どれも大事」ではなく「大事なものは滅多にない」

そうかも・・って納得。本当に大事なものって何?静かに自分と向き合って心に問うてみよう。

「全部出来る」ではなく「なんでも出来るが全部はやらない」

なるほどね、やれば出来るけれど選択してやらないとただ振り回されるだけになっちゃう事あります。人間って承認欲求があるから頼まれると断れないとこあるし。

上手に断る勇気

反エッセンシャル思考の人は優秀で能力の高い人が多く、人間的にも素晴らしい人が多い。責任感も強く頼まれれば引き受け、無理をしても気合と根性で頑張ってしまう。その結果、成果も上がらず余裕がなくなり疲労してしまう事実も納得できる。

出来る事とやるべき事を見極め、時間とエネルギーが拡散され全てが中途半端になる前に上手に断る勇気を持つ必要性は感じる。

達成感を得るために

人間のモチベーションはたとえ小さなことでも前に進んでいると感じられることが効果的。最初から大きな目標を掲げるのではなく小さくても達成を繰り返すことが満足感に繋がり、繰り返すことで大きな達成に繋がる。

掃除でも片付けでも一度に済ませようとするから延び延びになりがちだけれどエリアを決めて少しずつ達成できれば次はこのエリアって進める。

子供の時のドリルだって同じこと。薄くてすぐ終わりそうなドリルならやってみようかな!って思えるけれど厚みがあって手ごわそう、って思った瞬間手が伸びなくなる。

進歩を目に見える形にすることがいかに大切な事か実感出来る。

 遊び心を持つ

やる!と決めた事にストレスを感じた時は作業に遊び心を取り入れてあげる。

どんな事でも楽しんだもん勝ち、だものね。

例えば義母の排泄介助をしていた頃、子育てとの両立でやさしい介助が出来なくなった時に自分への挑戦!何分できちんと出来るか!を実践したことがあったのを思い出した。

用意スタート!の私の声で着脱から終了までのタイムを義母に計ってもらう、というもの。

淡々と行われて介助される側もする側も辛い作業に遊び心を取り入れる。ゲーム感覚で時短に挑戦することで笑いが生れて、義母も私もストレスが軽減した事を覚えている。

まとめ

人生は有限だしいつ何が起きるかわからない。

たった一度の大切な人生を少しでも充実した悔いのないものにする為に、今この瞬間!何が大切で何を選択するのかを考えたい。

本当にやりたい事を、創造性と探求心を持って、柔軟にポジティブに目指して行けたらきっと達成感と充実感に満たされるんだろう。

まずは、ひとりの時間を作って自分の中の自分の声に耳を傾けてみようと思う。

そのためには脳を休めてリラックスさせる散歩が良いらしい。

新緑が綺麗な遊歩道を何も考えずにぼ~っと歩いてみよう!

湧き出てくるもの、聞こえてくるものを感じてみよう!

 

あなたにとって本当に大切な事って何ですか?

 

✨本日も訪問頂きありがとうございました✨