タラの芽!たけのこ!ふき!春の味覚のおすすめレシピ

f:id:keiko-blog:20180412143717j:plain
f:id:keiko-blog:20180412143834j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144825j:plain

少し前までは好んで食べたいとは思いませんでした。でも年齢を重ねるにつれて旬のほろにが食材が無性に美味しく感じられる様になって来ました。
春の訪れを感じ、今だけ味わえる贅沢で貴重な食材です。

タラの芽!たけのこ!ふき!春の味覚のおすすめレシピ

タラの芽の天ぷら

f:id:keiko-blog:20180412143717j:plain

ラッキーな事に採れたてを友人がおすそ分けしてくれました。

f:id:keiko-blog:20180412143717j:plain
f:id:keiko-blog:20180412143728j:plain
f:id:keiko-blog:20180412143746j:plain
f:id:keiko-blog:20180412143756j:plain

なんてったって天ぷらが一押し!お塩パラリで。

たけのこご飯とお味噌汁

f:id:keiko-blog:20180412143834j:plain

この季節、1度は食べたいたけのこご飯。ぬかの付いた小さめのたけのこを買いました.

たけのこを茹でる

f:id:keiko-blog:20180412143848j:plain

①上部を落とし火の通りを良くする為に縦に切込みを入れます。

f:id:keiko-blog:20180412143924j:plain
f:id:keiko-blog:20180412143944j:plain

②鍋に鷹の爪を入れ、ぬかと共に落し蓋をして竹串がスッと通るまで茹でます。

f:id:keiko-blog:20180412144044j:plain
f:id:keiko-blog:20180414082300j:plain

③皮を剥きやわらかい内側の皮(姫皮)はわかめと一緒にお味噌汁に。

f:id:keiko-blog:20180412144238j:plain

たけのこご飯

f:id:keiko-blog:20180412144136j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144208j:plain
調味料
  • 白だし 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • お醤油大さじ 2
  • 甘めが好きな方はみりん少々

※米3合の場合

炊き方
  1. たけのこは少し大きめに、油揚げは熱湯をかけ油抜きし、細かく刻みます。
  2. 米は炊く1時間前に用意し浸水させてから、炊く直前に合わせ調味料を入れ3合のメモリまで水を足します。
  3. たけのこと油揚げは米の上に広げて載せます。
注意点

炊き込みご飯は研いですぐに炊くと塩分や糖分が邪魔をして米が吸水できません。又具材を米に混ぜ込むと水の対流が具材で邪魔される為米事態がうまく炊けずに芯のあるご飯になる場合があります。

米は炊く1時間前に用意し十分吸水させ、具材は混ぜ込まずにお米の上に乗せましょう。

f:id:keiko-blog:20180412144225j:plain

ふき

f:id:keiko-blog:20180412144316j:plain

愛知早世の知多産のふきです。茎と葉に分けて調理します。

ふきの煮物
f:id:keiko-blog:20180412144345j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144409j:plain

①茹でる鍋に合わせて切り、大さじ1程の塩を振ったらまな板の上でズリズリゴリゴリ♪手の平で転がし板ずりします。そうする事で色良くスジも剥きやすくなります。

f:id:keiko-blog:20180412144444j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144502j:plain

②板ずりしたふきを沸騰したお湯でしんなりするまで茹でます。茹で上がったらすぐに氷水に取り冷まします。

f:id:keiko-blog:20180412144614j:plain

③両側から丁寧にスジを剥きます。

調味
f:id:keiko-blog:20180412144804j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144825j:plain
  • 白だし大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 酒大さじ3
  • 水1カップ

全ての調味料を1度煮立たせ、ふきを入れて汁気が少なくなるまで煮ます。

そのまま冷ます

f:id:keiko-blog:20180412144857j:plain

煮あがったらそのまま冷まします。冷める間に味が染み込み、出来立てより美味しくなります。鰹節を乗せて頂きます。

葉は佃煮にする
f:id:keiko-blog:20180412144705j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144645j:plain

葉の部分は茹でて一晩水に漬け、あく抜きをしてから調理します。

f:id:keiko-blog:20180412144934j:plain
f:id:keiko-blog:20180412144958j:plain

細かいみじん切りにし軽く水気を切ります。

調味
  • 砂糖大さじ1
  • しょうゆ大さじ2
  • みりん大さじ1
  • 酒大さじ大さじ2
  • 水大さじ2

調味料を煮立たせてから葉の部分を入れ、焦げ付かないように混ぜながら汁気がなくなるまで煮ます。

f:id:keiko-blog:20180412145038j:plain
f:id:keiko-blog:20180413111717j:plain

白いご飯に最高!おむすびの具にも最適です。
たけのこご飯はともかく、ふきの煮物の良さは子供達にはピンと来ない様で「渋い味だね」とそっけない感想。
まぁ想定はしていましたけれどね(笑)

そのうち良さの分かる時が来て欲しいけれど、当分の間はお肉の献立が歓迎されるんだろうなぁ。

✨本日もご訪問頂きありがとうございました✨