「やかん」を使って、簡単!美味しい!

f:id:keiko-blog:20170902151540j:plain

表面がパリパリで、美味しそうでしょ?

 鶏もも肉の皮がこんがりと焼けたところです。

焼き方はね、なんと

「やかん」を肉の上に~ド~ン!とおくだけ

お肉も反らないし、油跳ねもなし、揚げるよりヘルシーなのにパリパリの仕上がり!良い事尽くしの調理法です。後片付けも簡単ですよ。

ブログ始めて間もない頃アップした記事に、油淋鶏をこの調理法で作っていますので興味のある方は御覧下さいね。

keiko-blog.hatenablog.com

さて、今日の献立はこの画期的な、やかんド~ン!で鶏肉を焼き、こちらも以前作った、バジルソースを添えて、夏野菜と共に頂く手抜きメニューです。バジルソースの作り方はこちらから↓

keiko-blog.hatenablog.com

f:id:keiko-blog:20170902152847j:plain

①鶏肉は 脂肪の部分は除き、均等に火が入る様に広げ、皮がなるべく肉全体を覆う状態にしておく。

f:id:keiko-blog:20170902153638j:plain

②塩こしょうをした鶏肉を火の点いていないフライパンに皮目を下にして置き、アルミホイルをかぶせたら、水を入れたやかんを上に乗せる。

③様子を見ながら、10分ほど焼いてこんがりきつね色に焼き目が付いたら、裏返してもう10分、火が通るまで焼く。

我が家はまだまだ食べ盛り?の男子が二人いますのでお魚のメニューだけ、という日は殆どありません。もちろん、お魚は好まない、ってわけではないのですよ。でも、今回の様に鶏肉を添える、お野菜たっぷりの豚汁と組み合わせる、あとは肉じゃが、とかね。お肉の存在があると嬉しそうなのです。

なので本日も、お魚の日ですけれど、お肉も登場です。

f:id:keiko-blog:20170902154842j:plain

これが我が家の本日のメニュー(ちょっぴりのワインは母のです)

焼けた鶏肉は食べやすい大きさに切り、バジルソースをちょんちょんと乗せました。オリーブオイルで焼き付けてバジリコミックスを振った、カボチャ、ピーマン、なすも一緒に。

f:id:keiko-blog:20170902155728j:plain

納豆は器がぬるぬるになるのが嫌なので、パックのまま食べてもらっています。ずぼらですみません(-_-;)

お嬢さんのいらっしゃるご家庭のお料理はお野菜たっぷり、色鮮やかで、盛り付けもきれいで羨ましいです。

早い・肉中心・質より量!

小さい時からの習慣で未だに繊細さ、よりスピーディーに、肉ド~ンが根付いてしまっている母なのです。今日は肉少な目、めずらしいのです(笑)

そうは言っても、身体の為にお魚も頂かないとね。これから、さんま、とか美味しくなるし。大根おろしたっぷり添えて、すだちをキュッととしぼって。

 

✨今日も最後までお読み頂きありがとうございました✨