~誰かの為は自分の為~

f:id:keiko-blog:20170824102438j:plain

(ヤマボウシの実が色づき始めました。沢山生ったらジャムでもつくりましょうか)

粉砕骨折

もう10年近く前、母が骨折しました。

庭の梅の木に青い実が生りはじめる頃、ふと見ると葉の裏にあぶら虫(母曰く)がびっしり付いていた。その葉を取ってしまおうとした時にバランスを崩して転んでしまったのです。

骨折部位は左足首

ひねりながら転倒した為か、くるぶしの骨が肉も皮も突き破り、まるで犬に与える骨の様に露出した状態だったそう。

動くに動けず、座り込んでいる母を、たまたま早く帰ってきた弟が発見し119番通報。

時間は7時過ぎ、外科手術可能の受け入れ先がなかなか見つからず、やっと自宅から1時間以上かかる病院が決定し、緊急手術。

若く、優秀な外科医のお陰で、5時間に亘る粉砕骨折大手術が終了。

ところが、ギブスをし入院している間は良かったのですが、退院してからが大変。弟夫婦は正社員で、共働きしているので、状態が良くなるまで一時的にヘルパーさんをお願いしよう、と母に相談。

でも母は「誰もいない時に知らない人に家に入られるのは怖い」と拒否。トイレも這って行く、食事も簡単な物でいい、と一歩も譲らず。

そんな母を見て私は決心したのです。

私が母の為に出来る事をしよう。

今私に出来る事、母が求めている事、それをする事が自分の為、と思えたのです。

父の闘病生活の時はまだ子供も幼くて出来る事が限られていました。

もっともっと!もっともっと!父に寄り添っていたかった。

後悔しても遅いのに、自責の念に苛まれました。

早めのリハビリ

家族の協力を得、仕事を調整し、母の元へ通い、手術をして下さった先生とも相談し、真夏の太陽が照り付ける中、まだ痛いから、と嫌がる母を車いすに乗せて、リハビリへ通い始めました。

やる気を出させてくださる作業療法士の方のお陰で、母も次第にリハビリを頑張る様になり、みるみる回復。大人も子供も褒め育ては大切なんだ、と改めて感じました。

今では杖なしですいすい歩き、一人でもバスと電車を乗り継ぎ、おしばいを観に出かけています。

今日出来る事は今日のうちに、今出来る事は今、優先順位を見極めながら自分の出来る範囲内で精いっぱい、今日を大切に過ごしていきたい、と思っています。

沢山の方のお陰で、そして支えてくれる家族や友人のお陰で、生かされている自分がいる。

誰かの為に、ではなく本当はさせて頂いている、という自分の為なのだと思うのです。

今日のおまけ

f:id:keiko-blog:20170824102302j:plain

たまねぎたっぷりの生姜焼きとポテトサラダ、梅酒の水割り♪

生姜焼き用のお肉は細切れでも十分美味しいです。ショウガをたっぷりおろしてニンニク少々、醤油と、みりんは多めにして少し甘めのたれで、焼き付けてから最後に回し入れ、仕上げました。 ビタミンB1効果の豚肉で疲労回復・ストレス解消して残暑を元気に過ごしましょう。ごちそうさまでした。

 

✨今日も最後までお読み頂きありがとうございました✨