鉄分をとって、貧血予防

鉄分たっぷり!我が家の定番、レバニラ炒め

f:id:keiko-blog:20170807075644j:plain

こんにちは、貧血で低血圧のHANAです。

若い頃、通学の電車の中で気分が悪くなったり、急に立ち上がったりした時にめまいをおこし、顔から血の気がさぁ~っと引いたり、なんて事が度々ありました。ダイエットをしていた訳でもなく、母が作ってくれる食事をきちんと食べていたのですけれどね。

まあ、しいて言えば、結構好き嫌いはあったかな?今では考えられないけれど、乳製品とか野菜とか。

妊娠中も血圧が70/40、血液検査では貧血だからと、造血剤を処方され、服用すると食欲不振になり、苦しい思いをしました。

それからというもの、ちょっと食事には気をつける様になりました。造血剤も飲みたくなかったし、子供の為にもきちんと栄養をとらなければ、と思い始めたのです。

でも不思議なもので、そう思い始めてから好き嫌いがほとんどなくなったんです。牛乳以外は・・

牛乳そのままでは、いくらしぼりたての美味しい牛乳です、って言われても無理ですけど、ホワイトソースやミルクたっぷりコーヒーにすればぜんぜん大丈夫になりました。本当は牛乳が飲めるなら、コップ1杯で1日のカルシウム摂取目標の三分の一がクリアなんですけどね。

それならと、他の食材で頑張って食べる様にしてますよ。

まずは疲労回復!うちの夏の定番メニュー、レバニラ炒め。

今でこそ大好きメニューになりましたけど、若い頃はレバーは苦手でした。でも調理方法をちょっと工夫すると、美味しく食べられます。

f:id:keiko-blog:20170807090018j:plain

f:id:keiko-blog:20170807085946j:plain

◆ポイントその1

独特のくせは下ごしらえの時に、牛乳にしばらくつけてくさみを取る。その後にんにくやしょうがお醤油などで下味をつける。カレーパウダーも子供には良いですよ。

◆ポイントその2

調理する直前に片栗粉をまぶし、カリッと焼き付ける。食感が嫌だなと言う人も多いいと思うのですが、カリッとさせると気にならなくなります。

◆ポイントその3

他の食材、特にニラレバ炒めの様に、野菜と一緒のメニューの時は別々に調理する。先に野菜をさっと炒めたら一旦取り出して、次にレバーを中までしっかり火が通る様にカリッと焼き付け、野菜と合わせる。ひと手間ですが、別々に調理してから合わせる事で、レバーのカリッとした食感を失わずに美味しく食べられます。

まとめ

・レバーに含まれる鉄分の含有量は食材の中でもトップレベル。

・血液中に必要な赤血球を作る為に必要な栄養素。

・鉄の吸収を高める、ビタミンCやミネラルも豊富。

夏はこれからが本番。バランスの良い食事とたっぷりの睡眠でバテない身体を維持していきましょう。

f:id:keiko-blog:20170807091352j:plain

そうそう、大事にしていたクリスマスローズ、少しずつ復活の兆しを見せてくれています🙌頑張って‼

 ✨今日も最後までお読み頂きありがとうございました。