100均の珪藻土グッズの効果とお手入れ方法

2018年6月7日修正

夏、氷を入れた冷たい飲み物をデスクに置くとグラスの下に水溜まりが出来ます。色々な素材のコースターを敷いていてもこまめに干したり洗ったりしないとカビの温床になり不衛生です。

グラスから滴り落ちる水滴を・・

  1. グングン吸い込み
  2. すぐに跡形もなく乾かしてくれて
  3. 布製の様にカビの発生や洗濯の必要もなく
  4. 吸水力が低下したら天日干しで復活する持続性もある

そんな優れものが100均で買える!と知り早速近所のダイソーへ。

色もカラフルな4種類、白・ブルー・ピンク・グリーン。四角形と丸型の物がありました。まずはお試しに自分用に1枚購入しました。

珪藻土グッズの効果とお手入れ方法

珪藻土とは藻類の一種の、珪藻の殻の化石からなる、堆積岩。表面に無数の肉眼では見えない穴が開いていて自立呼吸している為、常に表面が乾燥しカビの繁殖、雑菌を防ぐ、と記されています。

珪藻土コースターの特徴

  • 吸収力と速乾性に優れている
  • 耐火性、断熱性効果がある
  • 温度、湿度調節効果がある
  • 消臭効果、持続性がある
  • 欠けたり、割れたりする

使ってみた効果

コースター(ダイソー)

f:id:keiko-blog:20170812102334j:plain

 

 

f:id:keiko-blog:20170812102550j:plain

f:id:keiko-blog:20170812102436j:plain

f:id:keiko-blog:20170812103420j:plain

夕食時、麦茶を淹れたグラスの下の見慣れないコースターがグラスに付いた水滴をどんどん吸い込んでいくのを見て目ざとい長男くんが

「何?それすごく良さそう!部屋にも一つ欲しいな」

それなら、と家族分をリピート買いしました。

キンキンに冷えたビールを飲むパパさんも氷を入れたアイスコーヒーを飲む子供達も「これはいいね」と気に入っています。

雑菌の繁殖も抑えてくれて、洗濯の必要もなし。最高です。

スプーンとスティック(WATTS)
f:id:keiko-blog:20180501144258j:plain
f:id:keiko-blog:20180501144317j:plain

塩にはスティック、砂糖にはスプーンを容器に入れてみました。

f:id:keiko-blog:20180501144454j:plain
f:id:keiko-blog:20180501144507j:plain

塩はかなり固まりがあり、容器の側面にも付着しています。

f:id:keiko-blog:20180501144349j:plain
f:id:keiko-blog:20180501144424j:plain

砂糖は塩ほどではありませんがところどころに固まりが。f:id:keiko-blog:20180501144606j:plain

3~4日後容器ごと軽く振って開けてみると、塩はすっかり固まりもなくなりサラサラ状態に。容器側面に付着していた塩もスッキリ。

砂糖もかなり固まりはほぐれ使いやすい状態になりました。

f:id:keiko-blog:20180501144539j:plain

2本目のスティックは残りわずかになったドリップ用コーヒーの粉の容器に、そして最後の1本は焼きのりの袋へ。

梅雨の季節には開封した粉もの類や乾物類の保存袋の中にも一つずつ入れると乾燥剤の役目をしてくれて安心です。

珪藻土商品専用サンドペーパーと歯ブラシスタンド(キャンドゥ)
f:id:keiko-blog:20180607141615j:plain
f:id:keiko-blog:20180607141900j:plain

サンドペーパーは10枚入り。早速コーヒー染みを落としてみます。

f:id:keiko-blog:20180607141640j:plain
f:id:keiko-blog:20180607141700j:plain

綺麗に落ちました♪

f:id:keiko-blog:20180607141720j:plain

歯ブラシは備え付けの歯ブラシボックスへ収納してありましたが、歯ブラシ後そのままだと水滴が落ちていつの間にかボックスの下部に水垢が付いていました。

これなら水滴を吸収してくれるのでそんな心配もありません。

お手入れ方法

基本的なお手入れは日陰干しのみ。

汚れが付いてしまった場合は水や洗剤で洗うのではなく紙やすりでこすり取ります。

コースターの汚れ
f:id:keiko-blog:20180501144127j:plain

実際にコーヒーの汚れを落としてみます。

f:id:keiko-blog:20180501135016j:plain
f:id:keiko-blog:20180501144106j:plain
f:id:keiko-blog:20180501144147j:plain
f:id:keiko-blog:20180501144208j:plain

紙やすりで軽くこするだけでかなり薄くなりました。

バスマットの汚れ

お手入れも脱衣所に立てかけるだけで十分ですし、汚れがついてしまっても付属の紙やすりで軽くこするだけ

f:id:keiko-blog:20180502223046p:plain
f:id:keiko-blog:20180502223138p:plain

f:id:keiko-blog:20180129104133j:plain

少し白っぽくなっていますが汚れはきれいに取れました。

6か月経過しましたが匂いやカビもまったくありません。

耐用年数は2年、となってはいますが取り扱いを丁寧にすればしばらくの間、活躍してくれそうです。

バスマットも買ってみた

f:id:keiko-blog:20171006153149j:plain
f:id:keiko-blog:20171006153222j:plain

そしてこちらが前から気になっていた、珪藻土のバスマット

夏の間大活躍してくれた【珪藻土コースター】で吸水性の良さ、速乾性が実感出来たので思い切ってホームセンターで購入しました。

4人家族の我が家、足ふきマットは長年マイクロファイバーを使ってきました。でも二人ほど入った時点でマイクロファイバーのマットはかなり濡れて、あまり気分の良い状態ではありませんでした。

ところが珪藻土バスマットにしてからはあっという間に乾くので、常にサラッとした状態を保ってくれています。

バスマットのメリットとデメリット

メリット
  • 速乾性
  • 吸湿性
  • 消臭効果
  • 防カビ効果
  • 洗濯不要
デメリット
  • 段差、ゆがみ、敷物の上等では使用不可
  • 衝撃が加わると割れたり欠けたりするので取り扱いは慎重に
  • 冬は冷たく感じる
  • 1枚当たり2~3㎏ほどあるので重たい

速乾性、吸湿性に優れたこのマットは瞬時に足裏がサラサラ、しかも2~3分で足跡が消えるほど乾きが速い。

冬につめたく感じるデメリットも濡れたマットに比べれば大して気になりません。

まとめ

メリットがデメリットをカバーするくらい購入して良かった、と言うのが総合的な感想です。

コースター・バスマットだけでなく、珪藻土の特性を活かした吸湿効果で粉類や顆粒調味料の容器に入れたままに出来るスプーン、ペットの水置き、歯ブラシ立て、おまけに脱臭効果もあるので生活に役立つグッズが盛り沢山!

いろいろ試して、又追記していきますね。

✨最後までお付き合い下さりありがとうございました✨

よく読まれている記事